正規航空運賃と国内格安航空券はどこが違うのか?

- 正規航空運賃と国内格安航空券はどこが違うのか?

キャンプ場でテントを張っています

正規航空運賃と国内格安航空券はどこが違うのか?

航空会社の正規航空券よりも格安航空チケットのほうが安いからお得だと考えている人は多いと思いますが、本当にそうでしょうか?料金面での有意さはありますが、そのほかの条件はどうなっているのでしょう。格安航空チケットといっても、中身はいろいろです。一般的はものは早割運賃とツアーのばら売りの航空券でしょう。今回は【正規航空運賃と国内格安航空券はどこが違うのか?】についてまとめておきましょう。

格安航空券のデメリットはどこにあるのでしょうか?

日本航空や全日空が販売している早割ですが、旅行会社の格安航空チケットよりも自由さがあると思っているかもしれませんが、キャンセル料はびっくりするほど高いです。運賃が安く設定されているのですが、その代わりにキャンセルした場合のパナルティーは大きいです。格安航空チケットは一般的にキャンセルはほぼできません。早割やペックス料金でもキャンセル料が発生します。半分ほどのキャンセル料は当然です。

一方、ノーマル運賃の場合は片道航空券でも往復航空券でも1枚あたり数百円程度の手数料しかかかりません。1年間の有効期間の間ならば、ほぼ購入金額は帰ってきます。

常に同じ金額でないのが残席連動型の料金システムを使っている格安航空チケットです。

全日空でも日本航空でも割引き航空券を利用する場合は、常に同じ料金で利用できないということです。残席が多ければ多いほど割引率を高くして販売をするわけです。人気のある時期の料金は、ほとんどノーマル運賃とかわらないし、逆にそれよりも高いこともあります。旅行のピークシーズンだと格安航空チケットのメリットである「格安」はないのです。

つまり、人気がなくて座席が有り余っているときに旅行に行く人にとってはメリットがあるシステムになります。残席連動型ではいツアーのばら売りタイプ・旅行会社が提供している格安航空チケットの場合は、金額の違いは出てきません。いつでも安定的に安い料金の飛行機が欲しいならば、残席連動型のものはリスキーです。

正規航空運賃と国内格安航空券はどこが違うのかですが、格安航空チケットの種類はいろいろ!

公園のベンチ
正規航空運賃の早割は安いですが、残席連動型だといろいろなデメリットもありそうです。座席の設定数もちがいますし、座席指定の制限があったりなかったり。どの部分を最優先に考えるかで、早割・ノーマル運賃・ツアーのばら売りタイプである旅行会社の格安航空チケットを使い分けるのが賢い消費者になります。