ペックス運賃と格安航空チケットの違いはどこにあるのか

- ペックス運賃と格安航空チケットの違いはどこにあるのか

キャンプ場でテントを張っています

ペックス運賃と格安航空チケットの違いはどこにあるのか

飛行機を使って旅行に行ったり出張をしたりする場合は、できるだけ最安値の料金を選びたいですね。ツアーの航空券をばら売りしている格安航空チケットは激安とも言えます。一方、正規割引運賃(ペックス運賃・早割)なども安く購入できます。今回は【ペックス運賃と格安航空チケットの違いはどこにあるのか】について掘り起こしてみましょう。

奈良の五重塔

二種類ある料金の格安航空チケット

正規割引料金であるペックス運賃・早割運賃は、各航空会社が2ヶ月以上前に予約して購入してくれるお客さまに対してノーマル運賃よりも格安で購入できるタイプです。割引きプランはいろいろとあります。ペックス料金が正式なカテゴリーですが耳馴染みがあるのが早期割引き運賃(早割)です。

一方のツアーのばら売りである格安航空チケットは国内旅行を取り扱う大手旅行会社や金券ショップが販売しています。旅行会社が企画しているパッケージツアー用に航空会社が提供しているもので激安料金で卸しています。正規のノーマル運賃よりもかなり安い価格帯で設定されています。

早割運賃(ペックス運賃)と国内格安航空券はどちらが安い料金帯なの?

従来はツアーのばら売りである格安航空チケットが圧倒的に安かったです。ですが最近は早割の料金もかなりこなれてきて安くなっています。2010年頃から航空会社の経営戦略が変わってきて、旅行会社に依存するよりも直接販売に乗り出したのです。旅行会社に渡すコミッションの代わりに顧客へ還元しようという思惑もあったのでしょう。

最近では価格差が変わってきています。ですから、航空会社の早割枠が売り切れであっても、旅行会社の格安航空チケットの座席があることもあります。逆もしかりです。事前にはっきりとスケジュールが分かっているならば早期割引は早ければ早いほど安くなります。そうなると旅行会社のばら売りよりも早割の方に目が行きますよね。
直前に安いチケットを探すならば、ツアーのばら売りのほうが安い傾向にあります。

ペックス運賃と格安航空券の違いをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?どちらの方もマイレージは正規料金よりも低いレベルになります。格安航空チケットによってはチェックインするまで座席指定できない場合もあります。料金だけの比較ではなくて、トータルで考えたほうがいいでしょう。以前ほど両者の価格差がなくなっています。利便性を考えて自分が満足できる航空チケットを選べる時代になってきたということです。いずれにしても、従来と比べて圧倒的に旅行や出張するコストは軽くなっています。