HISが生み出した格安航空券…..その歴史

- HISが生み出した格安航空券…..その歴史

キャンプ場でテントを張っています

HISが生み出した格安航空券…..その歴史

何だか怪しいと思われていた格安航空チケットですが、今は怪しいと思う人はいなくなって便利に使われています。その生まれてきたプロセスを知っておけば、どうして正規航空運賃よりも安いのかがわかります。今回は【HISが生み出した格安航空券……その歴史】についてご紹介します。

大手旅行会社HISが生みの親!

航空チケットは早期割引である早割を利用して購入すると安い料金になりますが、激安になるとやはり旅行会社のものが最安値になることも多いです。旅行会社が提供する格安航空券が出たのは修学旅行や社員旅行の団体客用であった航空座席をばら売りする商法を確立したHISに遡ります。実際にツアーの座席は往路・復路のパターンがいろいろとあり、どうしても座席が100パーセント消化できません。その余った座席をHISが仕入れて業績をあげました。

団体のお客さまだけでなく少人数でも利用することが認知されはじめ、コアな旅行マニア層や他の中小旅行代理店がHISから席を仕入れるようなことになりました。航空会社も席を販売してくれるので文句も言えなかったのです。安さが注目されて一般層にも認知されるようになりました。

最初はプロ向けに販売されていた格安航空チケット

はじめは一般顧客をターゲットにしたものではなかったのです。中小の旅行代理店に向けたものでした。旅行の制限もあったのでマニア層や大学生が中心に利用していました。航空会社は空席をできるだけなくして飛行機を飛ばしたほうが営業効率もいいのです。利用者はできるだけリーズナブルな料金で利用したいのです。両者の思惑は一致。HISは魅力的な企画を打ち出し、航空会社も積極的に座席を供給しはじめました。

どこの旅行会社の格安航空券が安いのか?

航空会社が最初に販売するのは旅行会社でした。団体用の座席をブロック売りとして販売します。年間に××席売りますよと言うような契約を旅行会社と航空会社で結びます。年間の座席数を確保するために料金は特別設定します。さらに、目標を達成するとオーバーコミッションと呼ばれるインセンティブがありますから、半期の締め日近くなると激安航空券がでてきます。
国内の大手の旅行会社が提供している格安航空チケットに注目しておくといいでしょう。

HISが生み出した格安航空チケットは一般的に!

いかがでしたでしょうか?国内激安航空チケットがでてきた背景がわかれば怪しくないことが分かるでしょう。安すぎて怪しいと疑う必要はありませんが、トラブルを防ぐために大手の旅行会社で購入することをお勧めします。