どうして国内格安航空券が安くできるのか

- どうして国内格安航空券が安くできるのか

キャンプ場でテントを張っています

どうして国内格安航空券が安くできるのか

私達が旅行をするときに、一番希望することはできるだけ安い料金で航空券を購入したり、鉄道の切符を購入したりすることです。遠方の場合は飛行機を使わざるを得ません。激安の料金の格安航空チケットがありますが、どうして、それほど安い金額で購入できるのでしょうか?この記事では【どうして国内格安航空券が安くできるのか】について詳しく解説します。

格安で航空券が購入できる仕組みとは?

旅慣れていない人は、航空券の販売の仕組みやルートがわかりにくのです。それは複雑になっているからで、なかなか理解できません。日本航空や全日空の早割などは正規航空運賃ですから、オフィシャル・ウェブサイトを見ればルールや条件が明快に説明されています。

ですが、旅行会社が取扱をしている最安値のプランの格安航空チケットはハッキリしません。もともとはパッケージツアー用に用意されていたチケットです。それを一般向けにばら売りして販売しているわけです。ツアーで全ての航空座席を提供できればいいのです。しかし、ツアーのパターンが多くなると、どうしても余ってきます。

パズルのように組み合わせして、往路と復路に当てはめていると、残ってきます。2日間や3日間や4日間などパッケージツアーは日数も自由に選べるものが多いですからね。仕入れてもさばききれなかった座席が格安チケットとして再販されるわけです。ツアー用の料金の仕入れですから、ばら売りしても料金が安く設定できるわけです。

旅行会社のばら売りの格安航空チケットは安いけれど条件が厳しいです!

森で遊んでいる様子

リーズナブルな激安料金ですが、いろいろな制限があります。中にはキャンセルができないとか、予約したあとの変更ができないとかです。マイレージが貯めにくかったり座席指定ができなかったりするタイプもあります。プランの種類によりますが、結構な制限があります。

早割の条件とはまた違います。旅行会社独自の条件があるので、必ず利用規約を読みましょう。パッケージツアーの取消条件と同じか、それよりも厳しいものがあります。

ノーマルの航空券と比べて自由がききません。気軽に購入すると失敗します。飛行機の利用が初めての場合は戸惑うでしょう。リスクや制限をしっかり理解して、納得できればお得に旅行できるでしょう。

どうして国内格安航空券が安くできるのか……。

旅行会社が仕入れた座席をばら売りするから安くできるのです。条件をしっかりと読んで納得できれば利用しましょう。取消の条件が厳しいですから、航空会社の早割プランなどと比較してみるといいでしょう。購入時期によっては早割のほうが安い場合もあります。