格安航空券がなぜこんなに安く販売できるのか?そのカラクリについて詳しく紹介します

- 国内格安航空券のカラクリとメリット・デメリット

キャンプ場でテントを張っています

国内格安航空券のカラクリとメリット・デメリット

料金が安い航空チケットで旅行するのが一般的になっている昨今。予約もインターネットでできるようになり、航空券も当日空港で受け取れるなど便利になっています。いろいろなプランもあり割引率も変わってきます。この記事では【国内格安航空券のカラクリとメリット・デメリット】について詳しく解説します。

どのようにして航空券の価格は決まっているのでしょうか?

秋の紅葉

飛行機の座席を購入する場合の料金が激安で正規料金の半額以下になることもあります。同じ日付で同じ時間の飛行機に搭乗しているのに不思議ですね。できることならば最安値の料金で旅行を楽しみたいのですが、どのように料金が決まっているのか疑問に思っている人も少なくないでしょう。

格安航空チケットがあるのですが、その反面、もっとも高い料金がノーマル料金とも呼ばれる正規料金です。正規料金は航空会社が自由に決めているのではありません。IATAと呼ばれる業界団体が決定しているのです。旅程や行き先をベースにして標準運賃を設定しているのです。IATAルールに沿って航空会社は航空券の料金を決めるようになっています。

利用する人が少なくなっていますが、まだまだ残っている正規料金(ノーマル)

格安航空チケットはLCCが出てきたり旅行会社の団体航空券として販売されている航空券をツアーではなくて、ばら売りして一般のお客さまに販売されているのが実態。今や格安航空チケットで旅行や出張するのが当然になっています。しかし、正規料金の航空券は残っています。

それなりのニーズがあるからです。富裕層のお客さまはお金を出してでも利便性を優先します。今では、飛行機は一般庶民でも乗れる乗り物になっていますが、従来は利用料金も高かったです。高いけれど、キャンセルや払戻も自由にできていました。航空券を購入すれば1年の有効期間の間ならば、空席がある限り自由に予約できました。

正規料金の座席枠があるので、超ピーク以外は自由に予約ができたのです。ビジネス旅行でもこういったノーマル航空券を使っていたことがありました。

富裕層から一般ユーザーにも利用できる割引型の正規料金が誕生!

航空会社も富裕層だけをターゲットにしていたら利益もあがりません。そしてターゲットのすそ野を広げたのです。正規割引運賃とかペックス運賃ですが、早期割引がそれに当たります。さらに、旅行会社がツアー用に仕入れた航空券を販売し始めました。こうして格安航空チケットが生まれてきたのです。

格安航空チケットのメリット

安い料金で飛行機を利用する人が増えています。しかしながら、メリットとデメリットをしっかりと把握する必要があります。知っておかないとあとで後悔してしまいます。

一番のメリットは料金が安いことでしょう。正規料金よりも、かなり安く設定されている早割もありますが、旅行会社が団体用のGV料金が適用されているチケットをばら売りするのはさらに安いです。航空会社と契約してツアー用に大量購入するのです。早割よりも高ければ意味がありませんからね。ツアーですべてを消化できればいいのですが、実際にはツアーのパターンが多いので、どうしても座席があまります。

この場合は、購入する時期を気にする必要がありません。早割などのペックス運賃と大きく違うところです。早割は早期予約する必要があります。出発日が近くなればなるほど正規料金に近い金額になります。旅行会社の格安航空チケットは別に購入日を早くしなくてもいいので、これは早割と違う大きなメリットになるでしょう。

格安航空チケットのデメリット

座席の提供枠が限定的ですから、年末年始・春休み期間・ゴールデンウイーク・夏休み・連休など多客期では座席確保が難しいことです。これは誰しもが休みを取りやすい時期に旅行したいのです。競争率が高くなりライバルが多くなるので避けては通れません。旅行シーズンの場合は、発売と同時に売り切れてしまうケースが多いです。

そして、予約した日付の変更が不可能であることや、変更できても制限が厳しいです。キャンセルする場合は、正規航空運賃の場合は、数パーセントは手数料として取られますが返金があります。プランによっては全く戻ってこないものもあります。

中にはマイレージを利用してアップグレードができないこともあります。普通のマイルポイントよりも少ない付与のこともあります。無料でアップグレードなんて、ほとんどないでしょう。

国内格安航空券のカラクリとメリット・デメリットまとめ

いかがでしたでしょうか?確実に旅行日が決まっているならば激安ですが、突然の変更をする場合は、ほぼ不可能になり条件がタイトです。旅行日が確実で、どんなことがあっても旅行できるならば利用する価値はあります。そういった条件でも大丈夫ならば格安航空チケットはオススメできます。旅行のスケジュールが変更する可能性がある場合はデメリットがあるので注意が必要でしょう。